〒981-3213 宮城県仙台市泉区南中山2-38-3

TEL:022-376-0180

FAX:022-376-0181

E-mail:clinic@okabeclinic.net


無呼吸の論文一覧

~平成28年7月

平成28年9月~

最近の睡眠時無呼吸症候群に関して気になった論文の骨子と院長の感想を載せます。
医療関係者を念頭に書いていますので、わかりにくいかもしれませんがご勘弁ください。

28年9月 更新
Oral Appliance Therapy in Patients With Daytime Sleepiness and Snoring or Mild to
Moderate Sleep Apnea: A Randomized Clinical Trial.
Marklund M, Carlberg B, Forsgren L, Olsson T, Stenlund H, Franklin KA
JAMA Intern Med 175:1278-85,2015
眠気のあるAHI30以下のOSAS 96名にOAと偽装置を4カ月装着、ESSとSF-36は有意差
でなかったが、AHIといびきは有意に軽減した(ESS11以上はOA群で53%から24%に、偽装
置群で54%から40%に、AHI5以下はOA群49%、偽装置11%で達成)
OAのしっかりとした効果判定の研究はほとんどなかったと思います。OAで自覚症状に対して
有意差をだすのはかなりの症例数が必要なのでしょうか?

29年3月 更新

CPAP for Prevention of Cardiovascular Events in Obstructive Sleep Apnea.
McEvoy RD, Antic NA, Heeley E, Luo Y, Ou Q, Zhang X,
Mediano O, Chen R, Drager LF, Liu Z, Chen G, Du B, McArdle N,
Mukherjee S, Tripathi M, Billot L, Li Q, Lorenzi-Filho G, Barbe F,
Redline S, Wang J, Arima H, Neal B, White DP, Grunstein RR, Zhong N,
Anderson CS; SAVE Investigators and Coordinators.
N Engl J Med 375:919-31 2016
心血管疾患の既往を持つOSAS2717名(61歳 男性81% AHI29 BMI29)をCPAP群と
非CPAP群に分けて3.7年フォローしたが、再発はCPAP群で17%、非CPAP群で15%と有意差が
見られなかった。CPAPアドヒアランスは3.3時間で、4時間以上使用群のみの比較でも
同様の結果だった。

Effect of Positive Airway Pressure on Cardiovascular Outcomes in Coronary Artery
Disease Patients with Nonsleepy Obstructive Sleep Apnea.
The RICCADSA Randomized Controlled Trial.
Peker Y, Glantz H, Eulenburg C, Wegscheider K, Herlitz J, Thunström E.
Am J Respir Crit Care Med. 194:613-20. 2016
PCIを受けた眠気のないAHI15以上のOSAS224名をCPAP群と非CPAP群に分け57か月
フォローしたが、再発はCPAP群で18%、非CPAP群で22%と有意差が見られなかった。
CPAPを4時間以上使用群では他群に比べ有意差が見られた。

CPAPの二次予防効果が否定された結果が二つ続きました。
SAVE研究では眠気が強い患者を除外したり、簡易検査での診断だったり
つっこみどころはあるのですが、一次予防には効果があっても二次予防には
CPAPは効果が少ないと素直によむべきでしょうね。

Comparison of diagnostic reliability of out-of-center sleep tests for obstructive
sleep apnea between adults and children.
Suzuki M Furukawa T Sugimoto A Kotani R Hosogaya R
Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 94:54-58 2017
成人686名と子供119名のSpO2モニターによる3%ODIとPSGによるAHIの比較、
成人ではODI20のAHI20以上になる陽性的中率が 97%、ODI5のAHI20以下になる
陰性的中率が92%に対して、子供ではODI25のAHI5以上になる陽性的中率が91%、
ODI10の陰性的中率はAHI10以下で78%、AHI1以下で10%だった
鈴木雅明先生の仕事で実地臨床ではとても役に立つデータです。
成人ではSpO2モニターのみでCPAPの導入と重症SASの除外ができるが、
子供ではSpO2モニターでは診断や除外ができないということですね。
子供は鼻づまりなどでの変動が大きいので一度の検査で方針を
決めるのは難しいですし、何度もPSGをするのも難しいし、悩ましいですね。

29年9月 更新

Association of Positive Airway Pressure With Cardiovascular Events and Death
in Adults With Sleep Apnea: A Systematic Review and Meta-analysis.
Yu J, Zhou Z, McEvoy RD, Anderson CS, Rodgers A, Perkovic V, Neal B
JAMA. 11;318:156-166 2017
PAP使用と心血管疾患の発症死亡の関係をみた10論文のメタアナリシスで
PAP治療で心血管疾患の発症死亡は低下しなかった。
SAVE研究の著者らによるメタアナリシスですが、一次予防と二次予防、
OSASとCSAS、CPAPとASV、の混在や2つの論文で大半のデータなどの問題があり
論文の結論には同意しかねます。ただ、結論だけが一人歩きすることを危惧します。

Kleine-Levin syndrome elicited by encephalopathy with reversible splenial lesion.
Takayanagi M, Okabe S, Yamamoto K, Komatsu J, Suzuki R, Kitamura T, Ohura T.
Pediatr Int. 59:929-931 2017
インフルエンザ脳症後の反復性過眠症の症例報告ですが、最初のエピソードでは
脳梁膨大部病変が見られ、2回目以降のエピソードではMRIで所見みられませんでした
自分も関与した症例報告(高柳先生、ほとんどお手伝いできず、ごめんなさい)ですが
反復性過眠症の成因にもつながる重要な報告と思います。